引越しは業者おまかせ派?友達と一緒派?

引越しは「業者おまかせ派」「友達と一緒に派」どちらですか?

私は、上京以来10年間で4回の引越しを経験してきました。

回を重ねるたびに引っ越しについての考えも変化していき、今ではすっかり「業者おまかせ派」です。

初めての引っ越しは実家からの独立だったので、宅急便のみで完了。

2回目は友人数人に手伝ってもらったのですが、これが大変でした。

彼らは給金をもらうわけではないので、モチベーションは低く、一向作業が進みません。

そのうえ、弁当の手配や終了後の焼肉打ち上げの支払いも発生します。

結局、引越し業者にお願いするのと同じくらいの支出がありました。

手伝ってもらった友人が引越す際には、同じように食事を要求するので、おあいことも言えますが。

学生時代のイベントの一つとしては楽しめるのですが、図々しい友人が多いようでしたら、「友達と一緒に」する引っ越しはお勧めできませんね。

以降、基本的に引越し業者にお願いするようにしています。 それに、友人には見せられない思い出の品が増えてきていますので、 専門家にお願いするようにしています。

吉祥寺での一人暮らしは楽です

私は吉祥寺で一人暮らしをしている20代のサラリーマンです。 もともと北海道に住んでいて大学を卒業するまで暮らしていたのですが、 就職と同時に吉祥寺での一人暮らしを始めました。 生まれてからずっと家族と暮らしていたので一人暮らしに対して不安があったのですが、 吉祥寺という町はどんな人でも受け入れてくれる体制があり、 安心して吉祥寺ライフを満喫しています。 私は仕事が忙しくて朝から晩まで働いているので、自炊をする時間があまりないのですが、 吉祥寺は安いスーパーもありますし、お惣菜なども充実しているので一人暮らしにはぴったりの町です。

一人暮らしというと寂しいというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、 吉祥寺はバンドマンや芸人が多くて夢がある若者に溢れているので、 少し散歩するだけも勇気がもらえるので、 友達がいない一人暮らしの人でも充実した生活を送れます。 吉祥寺の特徴として雑貨屋さんや若者向けの飲み屋が多いので、 一人暮らしを始める人が家具をそろえたり、いろいろ愚痴を聞いてもらえたりするので、 ストレスはたまりません。

吉祥寺は少し家賃が高いかもしれませんが都心に近いですし、 一人暮らしだと近所にいろいろなお店があったほうがいいので仕方ないと思っています。 昔ながらの不動産屋もあるので一人暮らしでお金がないと説明すると、 吉祥寺の穴場スポット的な家を紹介してもらえるかもしれないので、 勇気をもって飛び込んでみてください。

東京にはいろいろな町がありますがこの町は人気ランキングでいつも上位で様々な人が集まってくるので、 刺激をもらえますし、ステップアップできる街だと信じています。 田舎から上京して不安な人は一度訪れてみて良さを肌で感じ取ってみてください。

意外とお金のかかる引っ越し

引っ越しをするときにやはり気になるのは引っ越し資金ですよね。

私も引っ越しの際にはいつもそれがネックでした。

まず、敷金に礼金、保険料や鍵交換代、前家賃にクリーニング代など、結構出費がかさんでしまいます。

私が引っ越した時にはあまり貯金がなくて、できるだけ安くすませられるように頑張りました。

新居の初期費用が出来るだけやすいところを探し、引っ越し業者もあちらこちらとたくさん見積もりをとってもらって一番安いところへお願いしました。

引っ越し業者もぴんからきりまでたくさんあって、なかなか選別するのに時間がかかり、手間もすごくかかりました。

でも、安く済ませるにはそれしかないと思い、仕事の合間や、帰宅後、インターネットで入念に探したものです。

その甲斐あって、前回の単身引越しはとても安く済みました。

新居も敷金ゼロ、礼金1ヶ月のみ、そして引っ越し業者も約3万円程度で収まったのです。タイミングも良かったみたいで、とてもラッキーでした。

でも引っ越しにはまだまだお金がかかる部分があって、新居に引っ越す際に新調したいものがいろいろと出てきます。食器とか、日用品とか、棚などです。

それも仕方ない出費なのですが、楽天などを使って安くてきれいなものを購入していきました。